葬儀が執り行われるその一連の流れや手順の解説

人の死というものは、本当に信じられない時にやってきます。人の死というものはいつ来るのかが分からない、とても元気に暮らしていた方であっても、ある日突然お亡くなりになることはよくあること、このように昔から言われているように、大切な人の死はある日突然やってきます。そのため、昔の方が言われた言葉ですが、これが最期であると日々思いながら、その人との出会い、別れを感じなさいという言葉はとても身にしみるものです。こうした死は、決して逃れられるものではなく、故人様だけではなく、ご家族の方にとっても、大変に苦しいものです。しかし、故人様を偲ぶためにも葬儀は執り行わなければならないものであります。それでは、どのような流れで葬儀は執り行われていく のでしょうか。

お葬式までの流れや手順での要点

これは例えば入院先などで、故人様が亡くなられたケースなど、いろいろなご事情が発生しますが、故人様が亡くなった証明書、死亡診断書というものがなければ、まず、葬儀などを行えない他、火葬場などではこのような書類などが必要になるケースが圧倒的であるとされているため、こうした死亡診断書は必ず常備しておくことが必須となります。また、これと同時に、お葬式までを円滑に進めるためには、まずは、最低でも1日は、御遺体を安置することが必須となっています。これについては、1日後に生き返るケースなどがあることから、必ず死後24時間経過した後でなければ、納棺などは行えません。この間に、おおよその日付、納棺、そして火葬場への日付、そこからお葬式の日付などを 決めていきます。地域によっては、火葬場とお葬式の順が逆になっている地域もあると言われていますが、その点は、そちらの地域の風習に合わせる他ありません。まず、御遺体を納棺し、その後におおまかには火葬場で骨の状態にしていただくこと、それからお葬式、このような手順となっています。

お坊様へのご連絡は早めにすること

これは宗派や、お住まいの地域、また故人様の意志などによっても異なりはあるかもしれませんが、日本では仏教形式での葬儀が一般的です。先に挙げた火葬場へ向かう際にも、また納棺などの際にも、お坊様に経を読んでいただき、故人様が天国に無事に向かわれることを、遺族は祈ります。また、こうした関連から、納棺、火葬場、お葬式にいたるまで、お坊様はかなりの日数をともにしてくださると同時に、まず、必ずお坊様が来ていただけるかどうか、その日付をしっかりと確認し、同時に、そこから納棺などの日付を決めるケースもあります。地域によっては、檀家さんなど、完全に頼りにされているお寺様などがあることから、どうしてもそちらのお寺のお坊様に経をあげていただきたい 、というケースもあると同時に、宗派によっては、時期によりけりですが、修行でそちらのお坊様がおられない時期もあるため、早めにお寺様にご連絡を行うことが必要となってきます。こちらは可能な限り、早めにご連絡をさせていただくことが礼儀にもかなっています。