葬儀にかかるだいたいのお値段について

冠婚葬祭の中でも比較的費用がかかりやすいとされているのが葬儀で、最近では家族葬のような密葬などこぢんまりとしたものを執り行っているところも増えてきています。ですがどのようなスタイルの葬式を行なったところで必ずかかってくるのがお金であり、実際にどの程度の費用がかかるのか・それぞれどの程度のお値段になっているのかと言うところを把握しておかないと慌てて用意しないといけなくなってしまいます。近年では終活なども人気を集めており、生前に自分たちである程度の費用をためておくというのも家族に迷惑をかけないために行なっている人も増えています。だからこそ事前にしっかり費用に関して把握しておくことが大切だと言われており、余裕を持って対応できるようにする事が心がけられています。

葬儀にかかる費用の内訳について

まず把握しておきたいのが葬儀にかかる費用の内訳で、実際にどのような部分にお金がかかってくるのかと言うところを把握しておかないとそれぞれの費用にどの程度のお金を用意すれば良いのか分からなくなります。基本的に葬式の費用の内訳として言われているのは「葬式そのものにかかってくる費用」「飲食費用」「寺院費用」の3つです。この中でも最もお金がかかってくるのが「葬式そのものにかかってくる費用」で、その次に「寺院費用」「飲食費用」となっています。基本的にはこの3つの費用を考えれば良いのですが、それ以外にも病院に遺体があると言う場合にはそれを運搬するための費用や遺体を冷やすドライアイスの料金、香典返しや心つけなど葬式以外にも意外と費用がかかりやすくなっているので注意が必要です。

葬儀にかかる大体のお値段っていくら?

では実際にそれぞれの費用がどの程度のお値段になっているのかというところですが、まず「葬式そのものにかかってくる費用」としては「斎場費」「祭壇費用」「祭壇回り費用」「遺体搬送費用」などを総合すると、およそ51万円かかってくる計算になります。ただしこれはあくまでもどのようなスタイルの葬式でもかかってくる最低費用であり、葬式のスタイルによってはこれ以上かかってくる事もあるのであくまでも目安としてこの程度はかかってくると言う事を理解しておきましょう。そして「飲食費」としては参列する人たちの人数によっても異なりますがおよそ45万円かかりますし、「寺院費用」も心つけなどを加えると同じく45万円ほどかかってきます。さらに香典返しなども含めると、トータルとして最低でもおよそ150万円は葬式にかかってくる費用として必要になってくると言う事が分かります。